« 小児病棟・切ない現実 | トップページ | 憑 神 »

2007年6月24日 (日)

小児病棟の七夕飾り

 小児病棟、そこは、子供達にとって

家庭でもあり、学校でもあり、監獄でもあるかのようです。

 ゲームソフトが欲しい、

お洋服やアクセサリーが欲しい、そんな普通のお願いごと。

 小児病棟に入院している子供達の厳しい現実は、

想像を絶するほどに、切ない・・・

    Syounibyoutou003

 小児病棟に飾られていた、七夕飾り

そこに、子供達の切ないお願いごとが書かれた短冊の数々。

 この子供達の願いだけは、神様に届けたいの・・・

 

   Tannzaku002
「野球が早くできますように」

 

                Tannzaku003
         「家ぞくが元気に くらせるように。」

 

    Tannzaku001
「みんなが けんこうで すごせますように」

 

                Tannzaku004
「早く はしったり ジャンプができるようになりたいです」

 

   Tannzaku005
「おちゅうしゃの かいすうが へるように」

 

 

      Takekazari001

 

 

                 Tannzaku011
       「かぞくみんなで たのしく くらせるように」

 

   Tannzaku006
「めいちゃんの  しゅじゅつが  ぶじに  おわりますように」

 

                  Tannzaku007
         「悪い所が すべて良くなりますように」
        「みみが きこえるように なりますように」

 

   Tannzaku012
「はやく たいん できたらーいなー」

 

                  Tannzaku008
  「おとうさんと おかあさんが りこんしませんように」

 

   Tannzaku009
「早く.しゃべれるように.なりますように…。」

 

                 Tannzaku010
        「病気をしないで元気に過ごせますように
         みんなが早く元気になりますように」

 

    Tanabatakazari001

 小児病棟へと続く、長い廊下・・・

子供達の、切ないお願いごとは、きっと叶うから

みなさんからも、祈ってあげてほしい

 この長い廊下・・・いつの日か、

おとうさんと、おかあさんと一緒に笑顔で、戻れる日が来る

 信じたい・・・神様、お願いだから

この子供達の願いだけは、叶えてあげて下さい。

 

        Syounibyoutou002

|

« 小児病棟・切ない現実 | トップページ | 憑 神 »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

日記」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

 うん、何もできないから、
子供達の未来が、希望に満ちあふれたもので
あってほしい・・・お願いだから。

投稿: toさそりfrom香織 | 2007年6月26日 (火) 20時47分

 へへっ、香織らしく・・・
「笑ってごまかしちゃえっ!」 V*^-^;)

 小児病棟に永く入院している子供達は、
普通の学校から、病院に併設されている養護学校へ
通っている・・・。
 その学習室からは、子供達の笑い声、
なんて表現したら良いのか?、正直、複雑な心境。

>俺たちに出来る事は甘やかしてやる事ぐらいだと思う

 そうかもしれない・・・
でも、間違っているような気もする・・・

 ただ、子供達は、
お父さんや、お母さんが面会に来てくれるのを
唯一の慰めにしているのだと思うの・・・

 温かい家庭に戻りたい、
それが、小児病棟に入院している子供達に
共通する、お願いごと・・・

 だから、神様、耳を傾けてあげてほしい。

投稿: toブライアン ジョーンズfrom香織 | 2007年6月26日 (火) 20時42分

悲しいですね・・・おいらが読んだ短冊には「来年も飾りたいので生きたい」でした(´;ω;`)かわいそう

投稿: さそり | 2007年6月25日 (月) 21時20分

許すとかそういう問題ではないでしょ。香織さんが「想った」気持ちは嘘じゃないはず

投稿: ブライアン ジョーンズ | 2007年6月25日 (月) 16時49分

 言葉がない・・・

ただ、今は思いきり泣きたい・・・

少し経ったら、きちんとコメントにレスするからね。

 今は、許して。

投稿: toブライアン ジョーンズfrom香織 | 2007年6月25日 (月) 14時37分

俺の意見は香織さんとはちょっと違うかもしれない
俺自身、子供のころ病気がちだったから入院もよくしたし小児病棟の事はよく解かってるつもり
あそこの子達は大人が思ってる以上に大人で治らない難病の子なんかは大人に気を使いながら自分の寿命のカウントダウンをしてる子もいる
概ねの子達は子供にありがちな自己中心的な考えを捨て家族へ迷惑をかけてる事を申し訳なく思ってる
家族の愛と言う物も病気が長い家庭では幻想となってる現実もある
愛情は溢れんばかりにあるのに「この子さえ居なきゃ」と考えてしまい自己嫌悪に陥る親御さんもいる
俺は肺炎が悪化して生死の淵をさまよった事があるから解かるんだけど「自分で自分をどうにかしたい、家族に迷惑かけたくない」って気持ちで入院している子が多い
頑張ってねという気持ちは間違いではない
でもかわいそうという気持ちは間違いだと思う
自己認識のもの凄いしっかりしてる子たちばっかりだから
俺たちに出来る事は甘やかしてやる事ぐらいだと思う
小児病棟の子達は俺たちよりシビアにリアルに現実を見据えてるんだから
彼らはきっとこう言う、「同情するなら健康をくれ」と

投稿: ブライアン ジョーンズ | 2007年6月25日 (月) 13時42分

 赤ちゃん言葉や、ブルマやおむつのことばかり
書いたりすると、香織のトコを閲覧して下さる方々に
誤解されちゃうよ・・・

 香織は、りっちゃんが辛い思いしていることを
知ってるからいいんだけど、皆さんは知らない訳だしね。

 りっちゃんは、
これから入院して、病気と闘うことになる、
だからこそ、子供達の気持ちがよく解るんだよね。

 りっちゃん、前向きにファイト!!

投稿: to理恵from香織 | 2007年6月25日 (月) 05時59分

かおりん、りっちゃんでちゅ。この小児病棟に入院ちてる子供達が、かわいちょうでちゅよー!!だってお家でママとパパといちょにくらちぇないち、ふちゅうに学校や幼稚園に通ってたくちゃんのおともだちや、てんていとげんきにあしょべないんでちゅよね?かんごふしゃんがママがわりでちゅもんね?かわいいおようふくがきたくてもきれないち、このびょういんだけじゃなくてどこのびょういんに、にゅういんちてるひとたちのびょうきがなおるようにちてもらいたいでちゅ。りっちゃんは、はじゅかちいでちゅか?かおりん、こんなにおおきくなってもブルマのちたにおむつをちてるなんて!?

理恵

投稿: 理恵 | 2007年6月24日 (日) 13時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小児病棟・切ない現実 | トップページ | 憑 神 »